土地選びのコツ

世界に一つだけの土地~♪ 

土地を購入する際は何から始めて何に気をつければいいの??そんな方にも安心して住まいづくりをして頂けるような資料を作成しました!重要な点を5つにまとめてみました。

 

①建物の費用も考えてどんな家、間取りに住みたいかイメージする

②土地の大きさ、建物の大きさ、それぞれの費用のバランスを考える

③住まいづくり全体でかかる予算を把握する

④借入額、金利については住宅営業、銀行ではなく、お金のプロに相談

⑤建てた後の住まいに係る出費、お得な補助金情報等を把握

 

この5つの項目が失敗しない住まいづくりに繋がると思いますので是非ご夫婦で共有してみてください。こもだ建物もハウスメーカー出身なので是非お気軽にご相談ください。土地のプロとして土地の選び方のポイントをまとめましたのでご参考にして下さい!

 

住まいの資金について

 

住まいづくりには様々なお金がかかります。建売チラシでよく見る「2980万円、頭金0円、月々7万円~」など本当にそのお金だけで済むのでしょうか?実はそれ以外にも沢山のお金がかかります。また、住宅メーカーによって、設備、仕様などの標準が異なりますので一概に比較できないのが住宅業界の現状です。中でも住まいづくりの際に絶対にかかる資金内容のをまとめましたのでご参考にして下さい。

 

 仲介手数料について

 

売買又は交換の媒介(仲介)に関する報酬の額は、宅地建物取引業法により規定されています。売買・交換の額により次の通りです。 税込表示となりました。

 

 

 



従って、売買価格が1,000万円の仲介手数料は、
200万 × 5.5% =11万
(400万ー200万)×4.4% =8.8万
(1,000万ー400万)×3.3% =19.8万

合計39.6万円―税込表示{(1,000万×3%+6万)×1.1}となります。


よく、手数料3%+6万円という言葉を耳にしますが、売買価格が400万円以上のことが多いので略式計算でこの言葉が使われています。
実際にはこれに消費税がかかりますので
36万×10%=3.6万(消費税)が加算され
1,000万円の仲介手数料は39.6万となります。

 取引の態様

 

不動産広告の「物件概要」のおしまいの方に「取引の態様」というのがあります。
これは広告物件に対し、会社が、「売主」であったり「代理(売主代理)」であったり「仲介」であったりということを表示してあって、仲介手数料というのは、この「取引の態様」が「仲介」のときにかかります。従って「売主」と書かれているものには仲介手数料はかかりません。
「代理」の時はかからない事が多いのですが、かかる事もありますので確認が必要です。

 仲介にも色々な種類があります

「取引の態様」のところに「仲介」でなく「専任媒介」とか「一般媒介」とか「専属専任媒介」と書かれている事があります。
これは、売主が何社に仲介を頼んでいるかで分かれます。広告している会社、1社だけに仲介を頼んでいるのが「専任媒介」、「専属専任媒介」で、複数の会社に頼んでいるのが「一般媒介」です。「専任媒介」と「専属専任媒介」の違いは、売主が、自ら買主を見つけたとしても「専属専任媒介」の場合は媒介を頼んだ業者を通して契約をしなければなりませんので、売主と業者の結束は1番強い関係です。売主は、数社に媒介を頼んで競わせて物件を売る方法と、1社に絞って、その会社を通して買主を見つける方法の二通りの仲介の売り方があるわけです。業者の方からすれば「専任媒介」や「専属専任媒介」の方が広告費をかけやすいですね。